家電リサイクル法とはどういったものなのか。

エコエコリサイクル

エコエコリサイクル>家電リサイクル

2014/9/30 更新

家電リサイクル

家電には自動車リサイクル法と同じように消費者や販売店、メーカーによって役割を決めてリサイクルしていくと言う流れを作っていくものです。これもフロンなどをキチンと回収すると言うことと、家電製品が壊れてもまだまだ使える部品や資源として使える部分はリサイクルして行こうという考えなのでしょう。この家電リサイクルの際には、家電を廃棄する方が料金を払わなければいけません。この料金は、リサイクル料金と廃棄する物の運搬費用や収集の時にかかる費用等です。またまたこの家電リサイクル法が適用される対象となる家電製品は、洗濯機やエアコン、冷蔵庫やテレビになります。2011年の7月24日から日本全国地上デジタル放送に変わって地デジ対応テレビか専用のアンテナ、チューナーが無ければテレビが見れなくなりますので、近いうちにテレビを買い換える予定があると言う人も少なく無いでしょう。テレビを買い換える時に今まで使っていたテレビを売りたいと思ってリサイクルショップに持って行ったとしても、買い取ってくれるかわかりません。そんな時は自分で処分しなければいけませんね。そんな時にリサイクル料金も支払います。この家電リサイクルですが、消費者や販売店、メーカーによってどのような役割を持っているのでしょうか。

環境に対しての役割

消費者

やはり消費者がいるから商品が生まれてきます。ここの需要が無ければ何も始まりませんし、かといって無くなってしまっては、今の生活ができなくなってしまいます。しかし消費者は家電リサイクルのはじまり でもありますし家電をつかっている張本人でもありますので、このリサイクルにかかる料金を負担する義務があります。またここから先のリサイクルが効率良く行われるように、決められた手順や準備、掃除などをしっかりと行ってから家電を引き取ってもらいましょう。

販売店

消費者から引き取った家電をメーカーに引き渡します。ただそれだけと言った感じもうけますが、いちいちメーカーが各家庭に出向いて家電の引き取りをしていては、絶対に追いつきません、各家庭からの家電を預かってメーカーに渡すというのは重要な役割でもあります。また家電リサイクル法のこと等も説明してもらえると思いますので一石二鳥です。

メーカー

回収された家電製品をリサイクルします。この時にテレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機それぞれに決められたリサイクル基準という物が存在しているようで、これらの基準を超えなければならないようです。

こういったそれぞれの役割をこなすことで環境にも優しく資源も有効活用できるリサイクルが実現するのです。

Valuable information

当サイトに記載されている情報は、できるだけ最新・確実なものを心掛けてはおりますが、その内容の正確性・安全性を保証するモノではありません。当サイトの情報を元にして行った行為において発生する、損害・損失・トラブルにつきましては一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。