自動車リサイクル法とはどういったものなのか。

エコエコリサイクル

エコエコリサイクル>自動車リサイクル法

最終更新日:2014/9/30

リサイクル法

自動車リサイクル法

リサイクルはペットボトルや電化製品と言った物だけに使われる物ではありません。自動車にもリサイクル法という物が存在するのです。

この自動車リサイクル法というのは、車のリサイクルに関わる人にそれぞれの役割を持ってもらい自動車のリサイクルを効率良く行うと言ったもののようです。この自動車リサイクル法ですがそれぞれの業者に役割をもってもらってというのは、その部分に関して責任を持てと言ったことのようにも聞こえます。これは自動車のリサイクルというのは、使える物が沢山あることからと言うのが最初のきっかけのようです。自動車は、動かなくなってしまったモノ等が回収されて部品が取られます。この時に自動車からリサイクルできるモノとして金属部分が取られたり、走行ができないだけで、他の部分も全て壊れているワケでは無いので、中古の部品を回収したりして車のほとんどがリサイクルとして売られたりしていたようです。そしてリサイクルできない部分をこの車のリサイクル業者が処分していたというわけなのですが、鉄等の金属が以前の様な値段で売れなくなってしまい、さらには売れない部分にを処分する際にかかっていた費用が高くなってしまった為に今までは、うまく流れができていた、この自動車を解体して部品を取ったり、不要部分を処分したりと言ったものの流れがうまく回らなくなってしまったようです。それによって車を引き取ってもらう際に相手に処分費用を払って車を引き取ってもらわなくては行けなくなってしまい、その負担は自動車の業者にのしかかります。そうなってしまっては、業者は車を引き取って、車を解体するときにもお金を払わなければいけなくなってしまいます。それがきっかけとなって自動車の不法投棄が増えてしまい問題になりました。そして車に使われるフロンなどをどう適切に処理するかも課題となります。こういった経緯から自動車リサイクル法が生まれたのです。

対象となる自動車

この自動車リサイクル法には対象になる自動車の範囲があります。しかしほとんどの車両がこれの対象になると思いますので、ここでは対象外の車両を見ていきたいと思います。対象外の物としては二輪車や大型特殊自動車や小型特殊自動車と言った物があります。この対象外の物はこれ以外にもありますので、調べてみると良いでしょう。

リサイクル料

この自動車リサイクル法は、料金がかかりますこの料金は、車によっても違うようなので、一度調べてみることをオススメします。また車を購入した時や、車を車検に入れた時にはらっていることもあるのでそれも確認しておくと良いでしょう。

recommend
神田 腰痛
http://www.balancepit.com/

最終更新日:2015/4/9

当サイトに記載されている情報は、できるだけ最新・確実なものを心掛けてはおりますが、その内容の正確性・安全性を保証するモノではありません。当サイトの情報を元にして行った行為において発生する、損害・損失・トラブルにつきましては一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。