以外に知らないゴミの分別方法

エコエコリサイクル

エコエコリサイクル>分別

Last update:2014/9/30

分別

ゴミは 一つの大きな袋に何でも入れて捨てていては、最後は全て一緒に燃やされるか、埋められるかのどちらかしかないでしょう。しかしゴミを出す人間が1人1人の単位で分別していけば少しの努力でリサイクルするための資源が集まります。ここ最近では、地域ごとでゴミの分別方法も違って、引っ越しなどをするとどう分別したらいいのか迷ってしまいます。私の住む町では何とこれから16分別になるそうです。細かすぎて覚えるだけでも大変そうです。紙は燃えるゴミ、ビニールは燃えないゴミぐらいで、後は感覚でゴミを出していますが、これからはそういうワケにも行かないようです。そんなゴミの分別って意外に「このゴミは、ここじゃない」とか、「このゴミはここで良いの?」といった感じでわからないですよね。実際に今、自分の目の前にある物を捨てる時に何ゴミで捨てれば良いのか、全部当てられる自信が無いです。というか当てる当てないと言うよりも、これを普通にこなすと言うのが、現時点では100%無理でしょう。ですので大まかにではありますが、ゴミの分別について見ていきましょう。

ゴミ分別

ゴミの分別にはどういった物があるのでしょうか、ペットボトルなどは、悩んでしまうゴミの一つでは無いでしょうか、ペットボトルはそのまま捨てるのではなく、キャップを外して捨てます、またラベルも別にしてから、中身も洗って捨てます。また粗大ゴミは、粗大ゴミの日にゴミ捨て場へ置いておくと言うワケにはいかないようです。これは数年前からそうなっていると思いますが、電話で環境衛生課などへ事前に連絡して粗大ゴミ処理券というのをコンビニなどでもらいます。この粗大ゴミ処理券を貼った粗大ゴミを収集日に出します。この処理券は200円〜350円くらいのようです。

他には衣類の捨て方であったり、ビンの捨て方、乾電池や電球なども捨て方が難しいかもしれません。生活していると必ず使っているであろう油の捨てかた、お子さんが生まれたばかりの家庭ならおむつの処理も考えなければなりません、そういったゴミは各地域によって捨てる分別が違っている場合のもありますし、曜日も違いますので各地域のホームページなどで確認すると良いかと思います。こういった分別をすることでリサイクルに繋がって行くのです。

※ゴミの分別方法に関しましては各地域ごとで異なると思いますので、あくまでもこういった分別の地域もあると言う事で参考にしてください。

Last update:2015/1/8

当サイトに記載されている情報は、できるだけ最新・確実なものを心掛けてはおりますが、その内容の正確性・安全性を保証するモノではありません。当サイトの情報を元にして行った行為において発生する、損害・損失・トラブルにつきましては一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。